龍岳院 修行体験(座禅体験・写経体験・その他体験)

龍岳院坐禅体験しゅぎょう体験案内

当寺院は、禅寺 曹洞宗の寺院となります。それでは、坐禅とはどういう行いなのでしょうか?皆様が知っている坐禅とは、静かに胡坐(あぐら)をかき、姿勢を但し、目をつぶり、心を落ち着かせる・・・というような意味あいと考えていると思います。



愛知県座禅体験・新城市坐禅体験・豊橋市坐禅体験・豊川市坐禅体験・岡崎市坐禅体験・蒲郡市坐禅体験

曹洞宗での坐禅は「只管打坐(しかんたざ)」と呼ばれ、「ただ、ひたすらに坐禅をする=ただ、ひたすらに坐る」ということになります。ひたすら坐る?それは、その坐る姿こそが「仏の姿」「悟りの姿」ということからです。何か願い事をするために行うものではなく、何か考えるために行うものでもなく、「何も考えず、無であること」これが坐禅「只管打坐(しかんたざ)」ということになります。壁に向かい、お線香のように真っすぐな姿勢で坐禅をする。何も考えないということは、案外難しいことかもしれません。やはり、何かを考えてしまうかもしれません。当寺院では、会社(法人)・学校・外国人旅行者・各種グループでの坐禅会(体験坐禅)を承っております。寺院本堂での坐禅となるので、ご利用頂いた皆様には大変、貴重な経験、体験である、心が落ち着いたなど、お言葉を頂いております。

坐禅体験他、龍岳院修行体験メニュー

龍岳院の坐禅体験、修行体験、お寺体験

龍岳院修行体験は10名様より承ります。(坐禅体験・写経体験・修行体験)様々なモデルコースをご用意。まずは下記項目より、お知りになりたい情報をご覧ください。


●坐禅の取り組み方についてのお知らせ
●坐禅修行体験モデルコースのお知らせ